プペル割はじめます!

プペル割

ETIスクワットラボは『映画えんとつ町のプペル』を応援します!

※キャンペーンは予告なく終了することがございます。あらかじめご了承ください

 

映画えんとつ町のプペル

出典:Amazon

えんとつ町のプペル(日本語)ハードカバー

にしの あきひろ  (著)

ペン一本で描いたモノクロ絵本で世界を圧倒したキンコン西野が、業界の常識を覆す完全分業制によるオールカラー絵本!

詳しくはコチラ

絵本作家であり、お笑い芸人キングコングの西野亮廣さん原作『えんとつ町のプペル』が映画化されたことはご存知ですか?

 

映画予告

 

あらすじ

信じて、信じて、世界を変えろ。

厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。一年前、この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノが突然消えてしまい、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂した。

ブルーノの息子・ルビッチは、学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助ける。しかしその後も父の教えを守り“星”を信じ続けていたルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となる。

そんなある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの“船”だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意する。しかしこの町の治安を守る異端審問官が二人の計画を阻止するために立ちはだかる。

それでも父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?

出典:『映画えんとつ町のプペル』公式ページより

 

『 プペル割』とは

※本キャンペーン無料対象:施設対応のみ。施設外での出張希望:「交通費・滞在費等」応相談とさせていただきます。

 

プペル割とは

【無料対象】

映画えんとつ町のプペル『観覧者』

【内容】

初回体験(¥4,000相当)』プレゼント!

 

特別料金

観覧されていない方:特別料金にてご案内

【特別料金】:来店時、年齢証明提示

  • 大人¥1,800(毎週水曜日、女性のお客様¥1,000)
  • 大学生¥1,500
  • 中・高校生¥1,000
  • シニア(60歳以上)¥1,200

 

適用条件

  • 映画えんとつ町のプペル観覧半券チケット持参(未観覧者は含まない)
  • SNSアカウントにて「#えんとつ町のプペル・#プペル割」感想投稿【当施設アカウントフォロー推奨】
    (鍵・捨て垢は適用条件外)

『プペル割』お問い合わせフォームはコチラ

※諸条件・詳細をご一読の上、お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

 

プペル割に至った経緯

「知恵はないけれど、業界数十年、日々の経験の中で愚直に知識・技術を培い、健康づくりに向き合わせてもらってきました」。そんな積み上げてきた日々の中で、映画えんとつ町のプペルに出会い、作品への感情はもちろん、それ以上に作品から投影された西野さんの諦めず、挑んできた姿に強く感化されました。

トークショー付き上映にお邪魔した時に、破天荒なカマキリの話もありましたが、絵本作家として『誰よりも一作品にかけられる時間なら勝てるという違うレールで勝負を仕掛けた』というその言葉にまだハッキリと答えは出ませんが、ヒントをもらい今できること・自分を最大限表現できる全力は『カラダ・健康づくりを通して笑顔になってもらうこと』だということに改めて気づかせてもらい、映画への感謝の気持ち、そして応援の気持ちも込めて『プペル割』に行きつきました。

まだまだ諦めずにやれる、やれることは全てやったのか?という自分へのひと押し、元気をもらったという事実があります。

色んな観点からホントにホントに素晴らしく奥深さのある作品だと思います!
(計2回:もう1回見る予定、そして自分以外の計9人を引き連れてお邪魔しています!)

この『プペル割』を通して映画えんとつ町のプペルと同じくらい全力で目の前の方々に向き合います!

覚悟してください!!!

この気持ちが観覧した方はもちろん、まだ観覧されていない方、これから観覧を考えている方、原作者である西野さん、作品関係者の皆さんに届けば嬉しい限りです!

コロナ禍の現状を踏まえてですが、『プペル割』で全国どこへでも飛んでいく準備はできています!

どうぞ気軽にお声掛けください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

© 2021 ETIスクワットラボ